レスポンシブルケア

環境保全

工場の環境方針・環境目標

ISO14001の認証取得については、千葉工場は1999年12月、四日市工場は2001年12月に取得し、継続して更新しています。
2014年の環境方針・環境目標については、工場および研究所では下記のとおり定めました。
なお、千葉工場では2007年12月、四日市工場では2013年11月に「環境マネジメントシステムと品質マネジメントシステム」を統合、「環境・品質方針」を設定し、継続的改善に努めています。両工場、研究所ともにマネジメントシステムの更なる推進を図り、日々積極的な活動を推進しています。
各マネジメントシステムの適用範囲は、登録証の登録範囲です。

千葉工場(研究所)

ISO9001  ISO14001

環境・品質方針

私たちは、生産活動に伴う企業の社会的責任の重要性を認識し、地球環境への影響の低減および顧客に信頼される高品質な製品の安定供給を目的とし、以下の基本方針を定める。

この方針は、全ての就業者に周知するとともに、広く社会に対して公表する。

  • 環境・品質管理システムの適切な運用と継続的改善により、環境汚染および品質事故の予防に努める。
  • 省資源・省エネルギーおよびその他の環境負荷の低減に努めるとともに、環境保全の維持向上を図る。
  • 品質管理レベルの向上に努め、品質の安定化を図る。
  • 環境、品質に関わる諸法令ならびに当社が同意したその他の要求事項を遵守する。
  • 環境目的・目標、品質目標を設定し、その達成に努める。
四日市工場

  ISO14001

環境・品質方針

私たちは、四日市市霞コンビナートに立地する化学品製造工場として「地域および環境との調和」を推進し、化学品の商品群を通じて産業、社会に貢献するために「ユーザーの満足する製品の安定供給」に努めることを目的とし、以下の基本方針を定める。この方針を従業員に周知するとともに社外からの要求、その他必要に応じて公表するる。

  • 環境・品質に関する諸法令および工場が同意するその他の要求事項を順守する。
  • 事業活動に係わる環境影響のうち、次の項目を環境管理重点テーマとして掲げ環境負荷低減を図る。
      (1)エネルギー・資源利用の効率化
      (2)廃棄物の適正管理
  • 環境・品質マネジメントシステムの確実な運用と継続的改善を図り、工場全員参加で、環境保全と品質管理の維持向上に努める。
  • 具体的な環境・品質の目的を設定し、計画的に推進するとともに、その達成に努め、顧客と地域の満足の向上を目指す。
このページのトップへ戻る