レスポンシブルケア

保安防災

労働災害防止

千葉工場では「安全衛生方針」、四日市工場では「保安方針」で無事故・無災害操業の継続を表明しており、工場就業者一人ひとりがこの方針を理解し、無災害の継続を達成するため努力しています。
また、危険予知活動の一環として、工場幹部や安全衛生委員によるパトロールを定期的に実施し、違った眼で現場作業や設備状況を見ることにより、災害発生の未然防止に努めています。
2014年は各種活動の甲斐あって、休業災害0件を達成しました。引き続き休業災害ゼロを目指し、取り組んでいきます。

度数率・強度率グラフ

設備災害・事故の防止

自主保安の基本は、自ら設備の検査を行い設備トラブル発生を防止することであり、検査を実施する従業員の力量を向上させるための教育を定期的に実施しています。
千葉工場では、外面腐食検査を徹底的に実施するため、専任チームを立ち上げ中長期計画に基づき全装置を対象に実施しています。四日市工場においても、外面腐食検査に力を入れています。

設備災害件数

2010 2011 2012 2013 2014
0 2 1 0 0
このページのトップへ戻る