リスクマネジメント

危機管理

総合災害対策

当社は、「地震災害」・「異常現象事故(工場事故)」・「輸送事故」の三つを危機と特定して、従来の「総合災害対策規程」を大幅に見直すとともに「危機管理広報規程」を新たに制定し、総合災害対策を講じています。

「地震災害」に対しては、まず本社ビルにおける「行動マニュアル」の作成を行いました。大地震の発生時の社員のとるべき行動を明文化して、フロア内に常時配置いたしました。
また、緊急時の連絡を確保するための「安否確認サービス」を導入しました。

「異常現象事故(工場事故)」に関しては、これまで工場に対応マニュアルが整備されていましたが、本社とのより一層の連携を図るため、「工場異常事態本社対応マニュアル」を策定しました。

これらの対応システムを実際に有効化するための災害対策本部訓練や安否確認訓練を定期的に行って実のあるものとしています。

「輸送事故」に関しても「物流災害対応マニュアル」を整備しています。

災害対策本部
このページのトップへ戻る