特集

安全ナンバーワン活動

「グループ全体が一丸となって安全ナンバーワン活動に取り組んでいます。」

「安全ナンバーワン企業を目指す」ことは当社の経営方針の一つであります。

当社千葉工場をはじめとする各事業所の「無事故・無災害の維持・継続」は当社を取り巻く全ての人々に対して約束され、確保されていなければなりません。この「安全」という重要な使命を果たすために「安全ナンバーワン活動」を展開し、安全ナンバーワン企業を目指しています。「安全ナンバーワン活動」は関係会社や協力会社を含む当社グループ全体が一丸となって取り組んでいるさまざまな安全活動です。

安全ナンバーワン活動

発足の背景と経緯

2004年に休業災害5件、不休業災害9件の労働災害、2005年には火災事故2件が発生し、千葉労働局より当社千葉工場は「安全管理特別指導事業場」(2006年4月からの1年間)の指定を受けました。工場操業時からのベテラン社員が定年退職を迎え、社会・経済構造の変化などによる価値観の多様化の中で、従来からの手法では限界が生じていました。

そこで、安全への決意を新たにして安全への取り組みを再構築することにしました。 まず、2006年7月に「安全ナンバーワン活動」を立ち上げ、安全を原点に立ち戻って見つめ直すことからスタートしました。2006年12月に安全ナンバーワン推進活動委員会が「安全中期3ヶ年計画の方針と実行体制」(2007年~2009年)を定め、2007年1月には基本理念・基本方針・行動基準を定めた社長名の「安全宣言」が行われました。

2007年4月「安全中期3ヶ年(2007~2009)計画」を策定し、安全ナンバーワン活動をCSR活動のRM(リスクマネッジメント)活動の重要テーマと位置づけました。

安全宣言

2007年1月1日に安全に対する基本理念、基本方針、行動基準からなる「安全宣言」をいたしました。この宣言をもとに安全ナンバーワン活動をグループ全体で一丸となって取り組んでいくことを確認いたしました。

2010年6月30日に社長交代により藤井社長が改めて「安全宣言」に署名しました。

“安全ナンバーワン活動”は、既存のライン体制(事業所長-部門長-部署長)とは別に全社横断的なプロジェクト体制により実行してきましたが、当初の課題が全て既存のライン体制により行えるようになり、全員参加型の小集団活動を根付かせることができたため、プロジェクト体制“安全ナンバーワン活動実行委員会”を解散しました。
これにより、安全衛生活動は全て既存のライン体制による実行となりましたが、“安全ナンバーワン活動”という名称は全ての安全衛生活動の総称として残すことにしました。

安全活動の見直しにあたり社長によるコミットメント“安全宣言”を見直しました。また、これを受け、第3次“安全中期3ヶ年計画(2013~ 2015年)”を新たに策定しました。これら全社の方針/目標は、各事業所の方針・目標/計画に展開され、活動が始まっています。

安全宣言

安全中期3ヶ年計画

<方針>
経営方針「安全ナンバーワン企業を目指す」ならびに安全ナンバーワン活動の見直しに基づき、全ての安全活動の一体的な推進を図る。
<成果目標>
無事故無災害操業の達成
<重点施策>
  • 現場力・保安力の強化
    • 問題の抽出能力の強化
    • 問題発生時の対応能力の強化
  • OJT/OFF‐JTの強化
    • 安全教育の推進
    • OJT/OFF‐JTの相互補完の推進
  • 保安に関する危険源の低減
    • 外面腐食管理の強化
    • 自然災害(地震・津波)対策の実行
  • CA1活動の推進
    • 活動成熟度の向上(自律管理型小集団活動への展開)
  • マネジメントシステムの合理化
    • マネジメントシステムの改善推進
    • 「保安力評価システム」に基づく保安力の向上
このページのトップへ戻る